×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 北海道で最も古い歴史を持つ美しい都市 函館を訪ねました。
幕末の開港、さらに日露戦争以降 北洋漁業の基地や商港都市として栄えた町は
海の幸が美味しく 「残照」という言葉が似合う 渋い町でした。
 
 函館の玄関・函館駅
 湾曲しているホームが函館駅らしい....。
電化された津軽海峡線が本州、函館本線が道内を結び
駅前には函館市電、定期観光バス、タクシー 100円周遊バス乗場があり
名実と共に 観光の起点となる場所です。
 函館駅のコインロッカーに トランクケースを突っ込んで 
(観光都市のこの駅には大型のコインロッカーも比較的多かった)
 駅前(写真上↑)見渡したあと 人口29万人とパンフで見て 「下関と同程度だな」思いながら
新駅舎や周囲の風景を見て 函館は玄関口としての使命をもう終えたようなものだなと感じつつ
まずは函館駅そばの函館朝市から街歩きを開始しました。

 函館の主な産業は漁業と観光 そして斜陽ではありますが、
北海道唯一の造船所が立地していることもあり、関連産業も派生しています。
近海の豊富な水産資源を活用した食品加工業が盛んで 特にイカは函館名物となっており
イカソーメンやイカの塩辛・燻製などは有名です。
 函館朝市
  函館駅を出て右手に歩2分、約360軒もの店からなる 
活気あふれる市場です。
函館名物ともなっているイカは休日でも出漁するので新鮮です。
水揚げされたばかりの イカ、毛ガニ、タラバ、ホタテ ウニなど
北海道らしいものも目に入ります。
 威勢の良い売り声に刺激され慌てて買い込まず 
店によって値段は様々なので冷静に判断しましょう。
呼び込みの声も多くかかって 活気に溢れています。 手前のあさいっちゃんマークは安心、安全な協同組合加盟店。
新鮮な野菜や乾物の店も多いですし、
もちろん買ったものはクール宅配便で
送れます。
安心な協同組合加盟店が殆んどですが
他店や他店の商品の悪口を言うお店は 
信用できないので 退散するが吉(笑)
各々が新鮮な味覚を並べる中に 
ドリフの「8時だよ全員集合」の商店街
のセットを思わせる一画も....(古いか)
 函館朝市えきに市場…“函館駅二商業協同組合の市場
 場内には新鮮な魚介料理(朝イカ、ウニ、イクラの丼や寿司)屋も多いので 函館ならではの味を訪ねるのもいいですね。
といっても 観光案内書に掲載される有名店の海鮮丼は2,000円超が殆んど、「一食2,500円とかって観光地値段で現実的じゃないじゃん」が本音。500円硬貨で手頃に味わえる所を望む私は(笑)“えきに市場”の方に回り 左写真のような五目丼を食べてきました。
味噌汁付で500円のワンコイン丼なら えきに市場 と憶えておいて下さい(笑) 。          活いか釣堀(↓)もあったりします。
 ドンドン奥に入ってみると面白いのですが 結構広いので
友人と訪ねられる場合、例えば「えきに市場のいか釣堀で」と
待ち合わせ場所を決めておくと良いと思います。

 函館は大正時代から北洋漁業の基地として発展しました 
その後200海里規制などで遠洋漁業一辺倒から 
近海、沿岸漁業に形態が移ってきました。
スルメイカ、昆布、マグロ、タラ、タコ、ウニは水揚北海道一。
 なかでもイカは函館で最も多く水揚げされる魚貝類です。
夏から初秋にかけて津軽海峡に来遊するイカは 
産卵前の育ち盛りと重なり
函館のイカは美味しいといわれるわけです。
マグロも青森の大間産が極めて有名ですが 
同じ津軽海峡の対岸ですから 函館のマグロも同様に評価が高いのです。
 クイーンズポート函館
 青函連絡船の桟橋跡に造られた複合施設で
青函連絡船として活躍した摩周丸を係留し 船内に歴史展示室や写真ギャラリーがあるほか
クラシックカーミュージアム函館もあります。
青函連絡船の記念館
 昭和40(1965年)から就航した 2代目摩周丸が係留され
中は連絡船の貴重な歴史資料などがあるほか、操舵室なども再現されています。
函館の町と海峡に刻んだ80年の歴史をたたえて 函館港のシンボルシップとなっていました。
なつかしい外車の展示館
 1900年代のT型フォードから1960年代までの外車の進化を展示
古き良き時代のアメリカを感じることが出来ます。
中には船や車の記念品をはじめとした土産店 モータースポーツグッズの店などもあります。
(ちょっと前まで 自動車輸入雑貨専門店もあったというが現在は閉鎖。あー残念!)
函館の沿革 
 かつては 宇須岸(ウスケシ)…アイヌ語で湾の端と呼ばれていましたが 享穂3年(1454)に 河野加賀守政通が館を築き
それが箱の形に似ていたことで「箱館」と呼ばれ
蝦夷地が北海道に改名された明治2年「函館」と改名されました。

 北海道の玄関としての地理的優位性もありましたが、
日露戦争以降 北洋漁業の基地や開港都市として商業資本が集中、札幌、小樽と同年の 大正11(1922)年に市制を施行し
昭和5年になると人口は197,252人に達し 仙台や札幌を凌ぐ 
東北&北海道最大の都市として黄金時代を迎えた時期もあります。

 幕末の開港とともに西洋の文化がいち早く流入し、
その後の市街の形成の中で取り込んでいったため史跡や名所を数多く抱えていますし、温泉地や街を一望できる函館山、隣接する七飯町の大沼国定公園(景勝地)等天然資産にも恵まれています。
6000本の枕木を敷き詰めたポートデッキやプロムナードは 雰囲気も最高。
本やDVDで見たGLAYが、こんなセピア色の風景と一緒に写っていたのでは?
 函館駅周辺から 町をひたすら歩く
 町並みを色々歩いて回りました。繁華なエリアは駅前、大門、松風町界隈にかけてでしょうか
かつては青函連絡船や北洋漁業とともに栄えた函館も 外から看板など見ていると
往年の都市といった感じで 中心部の沈滞化は感じますが
日本銀行は函館に支店があるなど 都市としての風格はそれなりにあります。

 駅周辺には2軒の百貨店 棒二森屋、和光がありますが
和光はなんと4〜6階がフロア閉鎖されており(写真左端) 
棒二森屋も 建物が老朽化していて床が波打っていたりします(^^)(左写真参照)
市場規模から 札幌の百貨店に較べるとミニサイズで 静かに営業しているといった感。
駅周辺は 観光&ビジネスホテルも多い 広小路(はこだてグリーンプラザ) 市役所も、29万都市にしては大きい

 本屋は少なく 妙にパチンコ屋が多いといった印象で 町並み、人通りや客層を見ると
どうしても斜陽都市というのを感じます(失礼)。
GLAYやジュディマリのYUKIがアマチュア時代活動したライブハウス等 あるのでしょうね。
 
 中心市街地の松風町などは 老朽家屋の解体が進んで 更地も多い
このページのタイトルに「函館残照」と記しましたが そんな言葉が似合う町並みでした。
 函館市電を一日乗車券で乗ってみた…
 明治30年に馬車鉄道として始まり、その後大正2年に日本では7番目、北海道初の路面電車として運航が開始されました。
昭和54年頃までは 函館市内を縦横に路線を延ばしていましたが
モータリゼーションの発達により 現在は2路線を残すのみとなっています。
 それでも主要観光地には便利に行けますし 日中は10分間隔
2系統が走行する湯の川〜十字街の間は5分間隔ですから 大変利用しやすいのです。 

 一日乗車券が各観光施設の割引特典もありお得です。
電車と函館バスの共通券もありますが 個人的には電車専用の600円の一日乗車券で十分な気がします。
函館駅から 異国情緒が感じられる元町、ベイエリアの倉庫群、立待岬に近い谷地頭、五稜郭、湯の川温泉へ行けるわけで レトロな街に合致した車両にも味がありますよ。
立待岬に行きたかったので市電で谷地頭に行きました。

電停終点から立待岬まで歩くのは寒いのですが 冬の海を眺めるのもいいものです。
 立待岬
 ここの地名はアイヌ語のヨコウシ(魚を獲ろうと立って待つに因むといわれています。
18世紀の末に幕府が蝦夷地を直轄すると 警備のためにここに台場が築かれたこともありました。
太平洋戦争中は要塞地帯として 市民の出入りが禁じられていた事もあります。図らずもその事が 結果的に多様な自然環境を守ることに繋がったといわれています。

 現在は津軽海峡を望む景勝地として 多くの観光客が訪れていますが、函館市街地のほんのすぐ後ろにこんな美しい断崖と岬があるのも 羨ましいですよね。
付近には 石川啄木一族の墓、与謝野晶子の歌碑などもあります。  冬の平日ということもあり人も少なかったですが......。
 市電で「十字街」まで戻ってみる
 谷地頭から再び市電に乗り 十字街まで戻ってきました。
ここで函館名物「ハセガワストアの焼鳥弁当」を食べて 元町エリアに向かいましょう
函館市地域交流まちづくりセンター
広島の旧産業奨励館(被爆前の原爆ドーム)に見える建物
大正12年に丸井今井呉服店として建てられたものですが
当時の建物のまま 函館周辺の地域・観光情報
発信スポットとなっています。
東北以北最古の手動式エレベーターなんて
粋なものもありますよ。
宝来町付近から望む 函館山
函館護国神社や函館山登山道
、函館山ロープウエーに続く道

函館山(334m)
大昔に噴火により溶岩が盛上
がり 長い年月で陸と繋がった
ハセガワストア(函館資本の地場コンビニ)の焼鳥弁当は 
GLAYの作曲担当の長身のヤツ(名前失念)が
美味いと褒めてたのを憶えていたので 早速食べてきました。
金森倉庫に近い店舗では 中に食べるスペースもあります。
函館バーガー「ラッキーピエロ」
ここも函館の地場資本で 函館市内には10軒くらいの店舗を有し
マクドナルド以上に人気があったりします。
ハセガワストアに隣接しており ここもGLAY御用達の店とか。
 函館山
十字街のあとは夕刻になる前に 元町、赤レンガ倉庫群を散策したので
順番は違いますが、“函館残照篇”の最後は 函館山からの風景をご覧下さい。

函館山ロープウエー
秒速7m 約3分で山頂に上がってくれます 有名観光地だけあって客室内は広いです。

 ロープウエーで函館山の山頂に着くと すぐ展望台施設の建物の中に入り 山頂付近の山野を散策するようにはなっていないのが意外でしたが 展望台施設内に お土産店、レストラン、ティーラウンジ、コンパートメントイベントホールなどがあります。
函館は陸繋島の上に発達した町。
写真を横に繋いでワイドにお見せできれば良かったのですが....(そうすると中心部が小さくなってしまいます)。
皆さんも函館を訪ねられたら 左右の視界の拡がりを肌で感じて戴ければ....。

次のページ(↓)に続きます、ぜひご覧下さい。
 ●エキゾチック函館(元町、ベイエリア)
 ●函館の夜景


■紅鮭飯寿司 函館朝市 函館カネニ
■送料無料【函館】五島軒カレー&乳蔵ヨーグルトセット ギフトプラス
■函館の名店『五島軒』のカレー五島軒函館カレー【辛口】 北海道お土産探検隊
■特撰甘塩いくら  函館朝市 函館カネニ
函館(2008) 楽天ブックス
■函館 大沼 楽天ブックス
■『北海道百景(DVD)』 コロムビアファミリークラブ
■北海道限定kitty函館天使バージョンキティ根付 北海道物産展の「北の森ガーデン」
■函館恋愛物語 楽天ブックス
 函館市内の宿泊施設をネットでお得に予約出来ます。
INDEX  HOME